1. トップページ  › 
  2. 土壌汚染  › 
  3. 浄化実績

浄化実績

実際の浄化実績

VOCs(揮発性有機化合物)

場所・規模 輸送用機器工場の跡地(愛知県 7,000m²×16m)
対象物質テトラクロロエチレンおよびその分解生成物
[テトラクロロエチレン(1mg/ℓ)、トリクロロエチレン(0.1mg/ℓ)、シス-1,2ジクロロエチレン(3mg/ℓ)]
実施期間 2005年〜2009年
(2年で浄化完了。2009年事後モニタリングを終了し、完全浄化判定を受ける)
概要従前は揚水処理による対策実施。地下水循環式バイオレメディエーション(飽和帯)による本格的な浄化を実施(不飽和土壌は石灰混合処理)。

重金属類

場所・規模 メッキ工場の跡地(広島県 約1,000m³)
対象物質 六価クロム(25mg/ℓ)
テトラクロロエチレンおよびその分解生成物
[1,1,1-トリクロロエタン(8.5mg/ℓ)]
実施期間 2005年〜2009年
(2009年浄化終了。現在、事後モニタリング継続中)
概要 不飽和帯の汚染土を掘削置換え後、地下水循環式バイオレメディエーション(飽和帯)による浄化を実施。 テトラクロロエチレンおよびその分解生成物について浄化を完了。六価クロム及び鉛についても、バイオ不溶化に成功。

油類

場所・規模 化学工場の敷地(広島県 約1,500m³)
対象物質 鉱物油(A重油) [n-ヘキサン抽出物質(約12,000mg/kg)]
実施期間2005年〜2006年(完了)
概要燃料油貯蔵タンク周辺の浄化。地下水循環式バイオレメディエーションおよび回収井戸からの油層回収による浄化を実施。

テトラクロロエチレン等の濃度変化/六価クロム・鉛の濃度変化/油分(n-ヘキサン抽出物質)の濃度変化

主要な業務実績

土壌汚染・廃棄物汚染修復トータルコンサルティング実績

  • 5万本の廃ドラム缶(VOC主体)及び汚染土壌撤去の実施設計、施工監理(福島県)
  • 焼却灰・VOC廃液不法投棄地の浄化、封じ込め、実施設計(三重県)
  • 8万m³の不適正処分場の移設、適正化対策、実施設計、施工監理(和歌山県)
  • 廃棄物焼却炉解体に伴うDXNs汚染洗浄、土壌撤去、解体工事実施設計、施工監理(京都府他多数)
土壌汚染対策の着手前と着手後

環境省ほか

  • 平成12年度環境庁水質管理計画調査(VOCs・地下水循環式バイオレメディエーション)
  • 平成16年度環境省実証試験(簡易調査手法・比色式NAPL検出法)
  • (社)土壌環境センター 油汚染対策ガイドライン作成関連請負業務
  • 平成17年度環境省実証試験(硝酸性窒素・ナチュラルバイオレメディエーション)
  • 平成18年度環境省実証試験(硝酸性窒素・地域食品副産物による原位置バイオレメディエーション)
  • (社)土壌環境センター 油汚染土壌実態調査(脱離・溶出試験)

官公庁

  • 福知山駅周辺土地区画整備事業JR高架橋北側土壌調査業務
    • 土壌汚染パイロット調査箇所N=10ヶ所→ボーリング3m×10本、
    • 土壌ガス分析10検体、土壌分析70検体、測量一式

民間企業

  • 稼働工場内のバイオレメディエーション試験施工(VOCs・静岡)
  • クリーニング工場内バイオレメディエーション(VOCs・山形)
  • 自動車関連工場における土壌・地下水浄化工事(VOCs・愛知)
  • 廃棄物埋立地の土壌汚染領域調査(ダイオキシン類、重金属等・静岡)
  • 事業場内プラント新設に伴う土壌汚染調査
  • メッキ工場跡地における土壌・地下水浄化工事(VOCs、重金属等・東京)
  • メッキ工場跡地における汚染土壌対策工事(重金属等・東京)
  • メッキ工場における土壌概況調査(広島)
  • ガソリンスタンド跡地土壌環境調査(広島)
  • 駐車場における汚染土壌対策工事(重金属等・広島)
  • ガソリンスタンド跡地土壌汚染対策工事(VOCs、油類・千葉)
  • メッキ工場跡地における土壌・地下水浄化工事(VOCs、重金属等・広島)
  • 病院跡地汚染土壌除去工事のうち土壌・水質分析(鳥取)
  • 油槽所における油汚染土壌汚染詳細調査(山口)
  • 不法投棄地における水銀汚染土壌領域調査(山口)      その他多数
土壌汚染対策実績写真

▲このページのトップに戻る