1. トップページ  › 
  2. 化学物質

化学物質

ダイオキシン類

弊社は、ダイオキシン類の分析のために必要な「特定計量証明事業者認定制度(MLAP)」の認定登録(認定番号:JCLA M19)及び「環境省が実施するダイオキシン類の請負調査の受注資格」の認定(平成22,23年度)を受けています。ダイオキシン類の分析はGC/MS法により行います。

PCB

絶縁油中のPCB濃度の測定は、従来法(平成4年厚生省告示第192号)又は今般の簡易測定法マニュアルに定める方法のいずれかによるとされています。
当社では、簡易測定法マニュアルに定める機器分析法で分析を行います。この分析方法は、微量PCB汚染廃電気機器等把握支援補助金交付の分析方法に指定されています。

アスベスト

弊社は、アスベストの含有の有無が不明確である建材を対象に、石綿障害予防規則で規定されているアスベストの分析方法に従った分析を実施しています。
具体的には、位相差顕微鏡及びX線回折装置を用いて建材製品中のアスベストの有無の確認(定性)とアスベストの含有率の測定(定量)を実施しています。

シックハウス

シックハウス症候群の最大の原因とされているのがVOC(揮発性有機化合物)で、厚生労働省により主要な13物質について室内濃度指針値が設けられています。
VOCのサンプリング方法には、吸引ポンプで室内の空気を吸引するアクティブ・サンプリングと、室内に捕集剤を設置して自然に化学物質を吸着させるパッシブ・サンプリングとがあります。

▲このページのトップに戻る