1. トップページ  › 
  2. 環境計画  › 
  3. 環境基本計画

環境基本計画

概要

自治体の環境行政の柱となる環境基本計画を委員会形式により策定します。
近年の環境基本計画では、その自治体のオリジナリティを出すこと、市民と一緒に作り上げていくこと、夢があり実行性があることなどが求められ、これら「まちづくり」の視点から環境を見つめていくことが重要です。


特長

「まちづくり」のために、地域に根ざしたコンサルタントの強みを活かし、発注者と密な協議を行い、足回りよく業務に取り組みます。

近年の環境基本計画の策定においては、公募委員による委員会での検討が主流になっており、審議の舵取りやなどスムーズな委員会運営が大きな問題となります。弊社は公募委員による委員会運営の「かんどころ」には自信があります。

また、住民意見を計画に反映させるためのワークショップや、市民啓発のためのイベントをあわせて開催するケースが近年では多く見られますが、弊社はこのようなワークショップやイベントの企画・運営にも豊富な経験があります。


実績

平成13年度
地域環境総合計画策定事業斐川町地域環境総合計画策定業務(島根県斐川町)
平成14年度
豊北町環境基本計画策定業務(山口県豊北町)
平成18年度
出雲市環境基本計画策定業務(島根県出雲市)
平成18年度
高松市環境基本計画改定に関する基礎調査業務(香川県高松市)
平成18年度
海田町環境基本計画策定業務(広島県海田町)
平成19年度
雲南市環境基本計画策定業務(島根県雲南市)

雲南市環境基本計画海田町環境基本計画

▲このページのトップに戻る