1. トップページ  › 
  2. 化学物質  › 
  3. PCB

PCB

概要

「絶縁油中の微量PCBに関す簡易測定法マニュアル(第1版)」(平成22年1月 環境省廃棄物・リサイクル対策部産業廃棄物課)が1月25日に公表されました。

これと同時に、自治体の廃棄物主管部(局)長に宛てた、環境省産業廃棄物課長通知(環廃産発第100125001号 平成22年1月25日)によれば、廃電気機器等の絶縁油中のPCB濃度の測定は、従来法(平成4年厚生省告示第192号)又は今般の簡易測定法マニュアルに定める方法のいずれかによるとされました。(平成22年7月1日より)

当社では、簡易測定法マニュアルに定める方法の機器分析法
・加熱多層シリカゲルカラム/アルミナカラム/トリプルステージ型ガスクロマトグラフ質量分析(GC/MS/MS)法
・PCBの一部の化合物濃度から全PCB濃度を計算する方法
で分析を行ないます。

また、この分析方法は、微量PCB汚染廃電気機器等把握支援補助金交付の分析方法に指定されています。窓口は、都道府県及び指定都市です。交付申請の相談に応じますので、お気軽にご相談ください。

価格は検体数・納期により変動しますので、お電話またはメールにてお問い合わせください。


サンプリングについて

試料として絶縁油を10ml採取します。

弊社では技術者によるサンプリングも行っておりますが、よりスピーディな結果提供のために、お客様ご自身で試料採取を行って頂くためのサンプリングキットをご用意しております。 採取手順等も詳しくご説明致しますので、どうぞご利用ください。

密閉型コンデンサの採油にも対応しています。


分析について

分析は、環境省の簡易測定法マニュアルに定める方法の『加熱多層シリカゲルカラム/アルミナカラム/トリプルステージ型ガスクロマトグラフ質量分析(GC/MS/MS)法』により行ないます。 また、従来法のHRGC/HRMS(高分離能ガスクロマトグラフ/高分解能質量分析計)を用いた精密分析も可能です。

納期は原則として速報が7日後、成績書は10日後です。(※検体数により変動することもございます。)

絶縁油中のPCB濃度が0.5mg/kg以下のときはPCB廃棄物に該当しないと判断されます(環廃産発第040217005号)。


分析基準

特別管理産業廃棄物としての判定基準0.5mg/kg (0.5ppm)
区 分環境省令で定める基準
廃酸・廃アルカリ0.03mg/l以下
廃プラスチック・金属くず廃プラスチック・金属くずにPCBが付着していない、
又は封入されていないこと
陶磁器くず陶磁器くずにPCBが付着していないこと
上記以外の廃棄物0.003mg/l以下

ダウンロード

絶縁油中の微量PCB分析 依頼票 [PDF:120KB]


関連情報

絶縁油中の微量PCBに関する簡易測定法マニュアルについて(2010年1月) ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法(2001年6月) ポリ塩化ビフェニル廃棄物処理(環境省) PCB使用電気機器の判別について(日本電機工業会)

▲このページのトップに戻る