1. トップページ  › 
  2. 環境調査  › 
  3. 藻場調査・藻場造成

藻場調査・藻場造成

概要

アマモ場造成事業の流れは図のとおりですが、この中で最も重要なステップは適地選定です。
適地の評価を適切に行えば、播種法、株移植法といった造成手法に関係なく、アマモ場造成の成功率は飛躍的に高くなります。
しかしながら、造成予定海域内に適地が存在するか否かを評価するには、環境条件の違いによるアマモ生育の可否を定量的に予測できる統計モデルが必要となります。 アマモ場造成事業のフロー図

アマモの生育には水温や光量、底質など多数の環境要因が関与しており、これらはアマモの動態に対して複合的に作用しています。
このため、アマモ生育の可否を正確に予測するには、多くの環境要因の相互関係を同時に分析可能な非線形モデルを採用することが不可欠です。
弊社では、多くの環境要因の相互関係を同時に分析可能なニューラルネットワークを適用して、造成予定海域内に適地が存在するか否かを評価する環境評価モデルを開発しています。 アマモの育成に関わる環境要因

特長

造成予定海域の環境条件を環境評価モデルに入力するだけで、当海域内に適地が存在するか否かを定量的に評価することができます。

造成予定海域内に適地が存在しない場合には、既存の工学的技術を導入し、海域の環境条件を改善することが必要となります(人為的環境整備)。
ここで、「造成予定海域において改善を要する環境要因が何であるか」、また「それをどの程度まで改善すればよいのか」は、環境評価モデルによるシミュレーションを繰り返し行うことで推定することが可能です。

アマモ場造成の特長

実績

平成15,16年度
広島県東部地区アマモ場造成適地選定調査業務(広島県)
平成16年度
岡山周辺海域アマモ場造成適地選定調査業務(岡山県)
平成16,17年度
中海におけるコアマモ場の造成条件検討調査業務(島根県)
平成16,17年度
アマモ・アサリ育成試験・モニタリング業務(民間(NPO))
平成17年度
馬島実験干潟の再整備に伴うアマモ移植業務(民間(NPO))
平成17年度
藻場生態調査業務((独)水産総合研究センター瀬戸内海区水産研究所)
平成17年度
福山市鞆町後地地先増殖場造成工事調査業務(広島県福山地域事務所)
平成17,18年度
アマモ場造成計画検討調査業務(香川県)
平成20年度
直島地区増殖場流況調査委託業務(香川県)
平成20年度
直島アマモ工事(民間)

▲このページのトップに戻る