1. トップページ  › 
  2. 環境調査  › 
  3. 水中テレビロボット

水中テレビロボット

概要

ROVとはRemotely Operated Vehicle(遠隔操縦自航式ビークル)の略で、水上からの遠隔操作により水中を探査する無人ロボットのことです。
ダイバーでは困難な深海や危険水域などの調査や、水中における長時間の点検・調査に威力を発揮します。

水中での撮影の様子撮影ビデオ映像

特長

撮影機能

ビデオ映像や写真は、調査や点検の内容を説明するのに非常に効果的です。
ROVは、ビデオカメラによる動画映像やスチールカメラによる静止画を提供します。
また、動画は現地でリアルタイムに確認できます。

ビークル制御装置

位置情報

GPS水中位置表示システム水中ソナーを用いることにより調査位置が特定できます。
さらに、これらのシステムによりROVで撮影した画像データの正確な撮影位置を把握できます。


水中位置表示システム画像          
水中ソナー画像          

活用例
ダム・放水路の点検・維持管理、湖底堆積物調査
海底ケーブルの敷設予定ルートの事前調査、敷設状況・破損状況調査
魚礁の設置状況・魚類い集状況・付着生物調査
・ 底泥・底質調査
・ 魚貝類等の生態・資源量調査

実績

平成14年度〜
間伐材魚礁等調査設置事業水中テレビロボ調査解析業務(山口県)
平成14年度〜
広域漁場整備事業海底・生物調査業務(島根県)
平成17年度
ROVによるケーソン調査作業(民間)
平成17,18年度
魚礁網掛かり実態調査事業水中テレビロボ調査解析委託業務(萩市)
平成19年度
旭発電所ROV調査(電力関連会社)
平成19年度
大島浮消波堤アンカーチェーン点検業務(民間)
平成19年度
芸南南部地区(豊浜町大浜)海洋牧場施設状況調査委託(広島県)
平成19,20年度
ROVによる魚礁調査(牛深地区)(民間)
平成19,20年度
マウンド漁場ROV調査(対馬海域)(民間)

▲このページのトップに戻る